line 掲示板

私は出会い系サイトがきっかけで結婚しました。

私と妻は出会い系サイトで知り合いました。

当時私は地元の中堅広告代理店の営業として勤めていました。

彼女のいなかった私は、空き時間になるとこの出会い系サイトへアクセスし、気になる相手がいるとコメントを送っていました。

最初は出会い系サイトで彼女を見つけるのもどうかと思いましたが、友人がそうしたサイトで何人もの女性とデートしていたため私も気になり、自分もその恩恵に預かりたいとの思いから、コメントするようになったのです。

私が当時よく使っていたサイトは、コメント入力欄が100文字しか対応していなかったため、自分をPRすることがなかなか大変でした。

自分のこれまでしてきたことの中でも、ちょっと人とは違ったことを書かないと目立たないし、返事も来ません。

かといって奇をてらったような書き方をしすぎるのも、逆に引かれてしまいます。

そのさじ加減が難しかったのですが、コツをつかむと返事も来るもので、私も友人同様、何人かの女性とデートをするまでにはこぎつけました。

しかしメールと実際会うのとではやはり違います。

あきらかに自分の好みとは違う人もいるわけです。

やはり出会い系サイトの利用もここまでか、と思ってた矢先に、妻と出会うことができました。

メル友から実際会うようになり、付き合って2年経って結婚しました。

今思えば、こうしたサイトがきっかけだったことが信じられない気がしますが、これもすべては縁なのだと思います。

出会い系サイトは軽いノリでやっているものです。

出会い系サイトは、学生からフリーターまで多くの暇な人たちが利用しています。学生の時は一度はギャグで登録していた人も昔からいたでしょう。有料になると高額になるので、一切ノータッチとなりますが、無料の範囲ではふざけ半分で登録してみるものです。実際に会ったりする人が居ないとも分かってくるので、いつしかこういった出会い系サイトからは関心が及ばなくなってきて自然とは慣れて行ったものです。やはりハッピーメール、ワクワクメールなど最近は多くのメディアができてきているので実態が分かりませんが、出会い系サイトはどうにも軽いノリでやってきて登録とコミュニケーションをやっているものです。コミュニケーションはネットでのやり取りで出来てしまう事から軽い気持ちでお互いの連絡をすることができるのが相手の顔が見えないので面白いとは思います。見えないものを想像してドキドキしながらのやり取りだと返って興奮すると言っても変態ではないでしょう。ごく自然の事です。出会い系サイトをハマらずに上手く活用している人もいるようで、実際に会っていい思いをしたという人が若干一命ばかりいるので、まんざら全部がバーチャルな世界でもないのだと知ります。

line掲示板おすすめベスト5